FC2ブログ
2019/04/22

とらお、ありがとう。

こんばんは。でる太郎です。
今回は、ずっと、伸ばしていたご報告をしに戻ってきました。

今年の1月27日。
午前1時20分頃、とらおは、およそ12歳で天寿を終えました。

とらおと出会ったのは2010年で、その時3歳くらいだと言われました。
最初は本当に凶暴だったとらお。
いつになったら仲良くなれるかなんて考えていたのが懐かしいです。

いつの頃からか、精一杯甘えてきてくれて、うざったいくらい顔を寄せてきてくれて、
たくさんおしゃべりしてくれて、それが当たり前になっていました。

私は、とらおの全力に、応えきれなかったな。
もっとたくさんしてあげたいことがありました。

とらおのオムツを交換する時間が毎日あったことは幸せでした。

毎日、オムツを変えた後、顔を見て、言葉を交わすことができました。

最後の日、私は疲れていたけれど、オムツ交換のおかげでとらおをいつものように抱っこし、
顔を見て、頰を揉んだと思います。
笑っているような顔をしていました。少しいつもより黄色く遠く見えたのは、私が疲れていたからか、
最後の日だったからなのか。

最後の日もとらおはご飯を普通に食べ、早めに布団に入った私の足元で丸くなっていました。
ふと、夜中に目が覚めて、とらおの荒い呼吸が聞こえ、呼びかけたりしたけれど、
あっという間に遠くへいってしまいました。

しばらくお嬢もとらおがいなくなった生活に戸惑っていたと思います。
私も、予想外に静かになった暮らしに驚いて、寂しくて、お嬢が心配で、
慣れるのに時間がかかりました。


とらおはすごいやつでした。
かっこよくて最高に優しいやつでした。

また会いたい。何処かで、また会いたい。違う姿でも一声鳴いてくれたら、
間違わないで迎えに行けます。

最近は、お嬢がやんちゃぶりをメキメキ表してきています。
たくさんおしゃべりするようになってきました。

休みの日はお嬢と散歩したり、家で遊んでいるのが何より落ち着きます。

私が、とらおがいなくなった後、職場や、友達の前で笑顔でいれたのは、
とらおの魂が、私の中にあるような気持ちになったからです。

とらおが私に、たくさんの経験をプレゼントしてくれて、それらは私に足りないものばかりでした。
いつだったか、友達がとらおを見て、
「とらおが、でるたの保護者づらしてる」
と笑ったことがありました。

私はとらおの保護者のつもりだったけど、

とらおは私の保護者になってくれていたのかもしれません。
幼稚な私を一番近くで見守ってくれてありがとう。

とりとめのない文章になってしまいました。
読みづらくて申し訳ありません。

私はお嬢と元気に過ごしています。
お嬢にはとても笑わせてもらっています。

皆さんも、大事な子たちとの時間を大切に、良い時間をたくさん過ごして下さい。

それでは、今日はこれくらいで終わります。

ありがとうございました。





スポンサーサイト
2014/05/11

縄ぬけとらお

縄ぬけの術
縄ぬけ2
縄ぬけ3
縄ぬけ4
縄ぬけ5
縄ぬけ6
縄ぬけ7

ひさびさあっぷです。
今朝の出来事。
でる太たちはちょっと奥にある一軒家に引っ越しました。去年の夏に。(報告遅)
2011/12/14

診察

初診

後日の診察はとても良かったのですがね^^;
きっと…

朝一番の仕事
突然の野良の患者
金もってそうにない(動物を飼うには大事)若造

などの要因から来るものが先生の憂鬱の原因だったのでしょう(笑)

こんな飼い主もどき
図
なんか、描いてみたら
お前が病院いけっていう見た目ですね。

でも、とにかく、拾ったのだからその時点で
オレには責任があるわけで…今後なんて決めていたんですよね。


↓押していただけるととてもうれしいです
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
2011/12/05

待機

休日確保

ポチいただけるとうれしいです↓
「東北関東大震災」支援クリック募金
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
2011/12/02

搬送

搬送
のらというより野性をみたよ…。

ぼっちり押してもらえるととてもうれしいです↓
「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村